ピンポイント営業を実現する、
ホームページの企業アクセス解析

全国対応
050-3700-8123

サポート専用ダイアル受付:平日10:00〜18:00

お問い合わせ

コロナ禍、営業リストはこう変わる!

今までは、グーグルアナリティクスでどのページが何人見られているのか、のデータからそのページを見ているターゲットのペルソナを仮定してきました。
グーグルアナリティクスのプロでさえも、ページを見ている「誰か」においては想像するしかなかったのです。

仮定したペルソナが間違っていたら的確なアプローチはできません。
時間もコストも限られている、さらにコロナ禍において移動も制限されている。

この限られた中、最短で売り上げを伸ばすには「誰」がどの商品を検討しているのか、「行動データ」を取得するのが非常に重要です。

行動データが取得できる営業リストとは?

HPに解析タグを埋め込むことで、「どの企業がどのページを見ているのか」自動でリスト化されます。

例:大手企業がA商品のページを見ている。
そのあとに料金ページ→会社概要ページ→お問い合わせページを見ている。

商品ページですぐに離脱せずに、料金からお問い合わせページまで見るということは、かなり真剣に検討しているということになります。

休眠顧客、新規顧客、既存顧客によってアプローチ方法は変わります。
担当者名、部署名、メールアドレスがわからなくても、企業名がわかれば様々な角度からアプローチが可能です。

行動データを活用した営業戦略、サイト戦略について個別相談会を開催中!

商品に興味を持っている顧客を見える化できる営業リストツール「B2Bアナリティクス」を無料で使ってみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめです

もっと見る