ピンポイント営業を実現する、
ホームページの企業アクセス解析

全国対応
050-3700-8123

サポート専用ダイアル受付:平日10:00〜18:00

お問い合わせ

Step2 顧客リストで見るべき項目とは?

カテゴリー

目次

  1. 顧客リストダウンロード方法
  2. 顧客リストで見るべき項目
  3. 新人でもOK 効率的な営業フローとは?
  4. 電話をかける効果的なタイミングとは?

顧客リストダウンロード方法

顧客リストは、CAA管理画面の右上にある緑のボタン「Excel CSVをダウンロード」をクリックするとダウンロードできます。

顧客リストで見るべき項目

CAAの顧客リストでは、企業が公開している情報を詳細に取得できますが、営業でまず最初に見るべき項目は、以下の5つです。

1.アクセス日時

顧客が興味を持っているタイミングです。

午前中、昼、午後、夕方のどの時間帯にアクセスされることが多いかを把握することで、最適なタイミングで連絡をすることができるようになります。

2.アクセスページ

顧客が商品ページを見ていたら電話をする、など最初はルールを決めると営業アクションを取りやすくなります。

4.電話番号

顧客リストを社内の複数人で管理する場合、誰がいつ電話を掛けたかわかるよう共有することが重要です。
この共有ができていないと、担当者別に何度も同じ内容を電話してしまうことになり、企業イメージをダウンさせる可能性があります。

5.企業名

ダウンロードしたリストに同じ企業名が複数並んでいても、単なる重複データではありません。

サイトにアクセスされる回数が多いほど、受注確度が高い傾向があります。

同じ顧客から複数回アクセスがある場合、優先的にアプローチしていきましょう。

新人でもOK 効率的な営業フローとは?

顧客の行動により、優先順位をつけることで、取るべき行動がわかりやすくなり、営業初心者の方でもアポを取ることができるようになります。

CAAの顧客リストでは、まずは以下の優先順位でアプローチしてください。

①同じ顧客から複数回アクセスがあったら優先的に電話をかける

②商品ページを見てくれた顧客に電話をかける

③問い合わせページを見てくれた顧客に電話をかける

電話をかける効果的なタイミングとは?

もっとも効果的なのは、

「顧客がサイトに訪れているとき」

現在私たちは、欲しい情報をワンクリックで得られることに慣れています。
顧客も同じく、興味を持ったタイミングで必要な情報が得られなければ、離れていく確率が高まります。

「顧客がサイトに訪れているとき」=「顧客が興味を持っているとき」

こそ話を聞いてもらえる効果的なタイミングなのです。

そのため、毎日CAAをチェックし、遅くても、顧客がサイトを見てから3日以内に電話するようにしましょう。

こちらの記事もおすすめです