ピンポイント営業を実現する、
ホームページの企業アクセス解析

全国対応
050-3700-8123

サポート専用ダイアル受付:平日10:00〜18:00

お問い合わせ

Step4 効果的なDMの書き方

カテゴリー

目次

  1. DMを作る前に整理すべきこと
    1. ターゲットは誰か
    2. ターゲットの悩みは何か
  2. 効果的なDMの作り方
    1. ターゲットの悩みをキャッチコピーに
    2. 共感する
    3. 解決策とその根拠を提示する
    4. 緊急性・限定性を出す
    5. 背中を押してあげる

DMとは?
が知りたい方はこちらの記事参考

DMを作る前に整理すべきこと

ターゲットは誰か

まずはDMを送る相手を明確にする必要があります。
誰にでもあてはまるような差し障りのない書き方だと、内容がぶれて相手に刺さらないからです。

まずは、どの業種に送りたいのか明確にしましょう。

業種ごとに興味を引くフレーズが異なるからです。御社が営業をかけたい企業はどの業種に当てはまるのか、CAAからダウンロードしたリストで確認しましょう。

次に、どんな人にDMを読んでほしいのか明確にしましょう。

最短で商談に進むには、決裁権・意思決定権があるキーパーソンに読んでもらうのが一番です。しかし、大抵の場合、事務や受付の方などキーパーソンまでの間にいる人が先にDMを目にします。つまり、事務や受付の方に、「これはキーパーソンに届けるべき情報だ」とひと目で認識させる必要があるのです。

最短フローで商談に進むために、本当に読んでほしい人=ターゲットにDMが届けられるよう工夫する必要があります。
そのためにも、「DMを読んでほしい人」を意識して内容をまとめることが重要なのです。

ビジネスマン

ターゲットの悩みは何か

ターゲットが明確になれば、次はそのターゲットが有する悩みについて明確にしておきましょう。
なぜなら、御社の商品・サービスによってその悩みを解決できるということが、ターゲットが購入を決定する最大の動機になるからです。

効果的なDMの書き方

ターゲットとその悩みを明確にできたら、いよいよDMを書いてみましょう。といってもその書き方にもコツがあります。誰でも簡単にできる、ターゲットを購買へと誘導する効果的なDMの書き方をご紹介しましょう。

ターゲットの悩みをキャッチコピーに

まずはDMに目を留めてもらわなければなりません。このとき重要となるのが、ターゲットの注意を引く宣伝文句「キャッチコピー」です。ターゲットの注意を引くためには、ターゲットが気になっている、悩んでいることを示すことが重要です。

悩むビジネスマン

悩みを提示するといっても、悩みについて危機感を与えるわけではありません。恐怖心や不安を煽るような言葉で書いてしまうと、わざとらしさや胡散臭さが出てしまい、逆に敬遠されてしまいます。

また、営業色を前面に押し出さないよう注意しましょう。営業色が濃い、すなわち営業側目線で話を始めると、聞く耳を持ってもらいにくくなります。

たとえば以下のABを比べてみてください。

  • A「弊社は○○について効果的なサービスを展開している会社です。」
  • B「○○でお困りではありませんか?」

Aが営業側目線、Bが顧客側目線の言い方です。上の2つを比べると、同じ内容のことを言っていますが、ターゲットにとって刺さるのはBの方です。キャッチコピーはあくまでターゲットの興味を引くことが目的なので、ターゲット目線で話を進めるのがポイントです。

共感する

ターゲットの悩みを提示したら、その悩みに共感する姿勢を見せましょう。たとえば、「○○って大変ですよね」「私も以前○○で悩んでいました」「○○で困っている方は大変多いです」といった、悩みに寄り添う姿勢です。

悩みに共感することで、ターゲットから親近感を持ってもらいやすくなります。親近感を持ってもらえれば、もっと話を聞いてみたいと思ってもらいやすいからです。

解決策とその根拠を提示する

ターゲットの悩みに共感できたら、その悩みを解決する方法があることを伝えましょう。ここでいよいよ御社の商品・サービスの提案です。

このとき、単に解決策を提示するだけではなく、目に見えるような証拠も提示すると説得力が増します。目に見える証拠とは、たとえば、裏付けとなるデータやビフォーアフターの写真、利用者の声や推薦文などです。

データ資料

「○○を解決する簡単な方法があります。それは△△です。実際にこのサービスを利用した方に1ヶ月後アンケートをとったところ、実に90%の方が「改善した」「改善に向かっている」と答えています。」

このように、できるだけ具体的に情報を示し、ひと目で分かる証拠を提示することで、解決策の信頼性を高めることができます。

緊急性・限定性を出す

解決策を伝えたら、次は情報に緊急性や限定性をもたせましょう。

たとえば

  • 初回限定で半額
  • ○○キャンペーン中につき6月末日までのお値段です
  • 先着10名様限定

こういった緊急性・限定性をアピールすることで、「今買わなければ」と思ってもらいやすくなります。

もちろん、嘘をつくのはだめです。先着10名と言っておきながら何人でもOKだったり、実はいつでもやっているキャンペーンなどは信頼性に欠け、ターゲットが購入を踏みとどまる要因になるからです。

背中を押してあげる

最後に、背中を押してあげる一言で締めましょう。

このとき忘れがちなのが、ターゲットにどんな行動をとってほしいのかを明らかにすることです。

たとえば

  • 購入はコチラからどうぞ
  • まずは1ヶ月無料体験からどうぞ
  • 「○○」で検索

といったように、DMに目を通して関心をもってくれたターゲットを逃さないよう、上手にゴールまで誘導しましょう。

こちらの記事もおすすめです